【デタリキ】進化した3DCGエロアプリゲームの評価と初見プレイの感想

2019年末にリリースされた【デタリキZX】を実践プレイした感想とエロアプリゲームとしての評価などもご紹介したいと思います。

デタリキは近年DMMが力を入れている3Dグラフィック制作のエロゲームで、更にデタリキはVRで楽しめるコンテンツまで用意されています。

ストーリーはエロゲームらしく手抜き仕様ですが、ゲーム性はシンプルで誰でにでも楽しめるものになっていると思いますので、エロゲ初心者にはおすすめです!

 

 

ゲーム性評価:★★★★
Nuki評価:★★★★
料金:基本無料
ジャンル:RPG / 3D / VR
対応端末:PCブラウザ / Androidアプリ
配信元:DMM GAMES [制作:qoooh inc.] リリース:2019年11月12日

 

 

デタリキZXのゲーム概要

デタリキZXは2019年7月9日からDMM GAMESで事前登録が開始された、空株式会社(qoooh inc.)制作の3DCGエロアプリゲームです。

DMMのエロゲームに馴染みが深い方であれば似たようなゲームを見たことがあるという既視感に襲われると思いますが、恐らくそのゲームは現在もDMM GAMESで人気の『ハニーブレイド』だと思います。

こちら空株式会社作成のエロアプリゲームなのですが、今回のデタリキはハニブレの進化版だと思ってもらえれば良いかと。

ハニブレよりも3DCGが綺麗になっていますし、ゲームシステムの部分でも様々な工夫が見受けられます。

そういう意味では、空株式会社がハニブレを経て得た知識や経験値が全て注ぎ込まれた2019年現在における空株式会社の集大成と言えるかもしれませんね。

 

デタリキのゲームシステムと評価

デタリキZXはPCブラウザとAndroidアプリ(DMM GAMES内でのみ配信)からプレイ出来るRPGエロゲームで、ゲームの基本システムはオートプレイ可能なターン制のコマンドバトルとなっています。

こうやって見ただけでも、ハニブレよりも3DCGがかなり綺麗になったという事が分かりますよね。

ハニブレはいろいろ物足りない部分の多かったですが、それでもエロゲとしては珍しいフル3DCGのエロアプリゲームだったので、そこそこの人気が出ました。

それを進化させたデタリキも、順調に登録者数を増やしているので、これから結構人気が出るかもしれないですね。

 

部隊編成とデタリキの仕組み

デタリキの部隊編成(デッキ編成)は5人+サポート1人の計6人編成となっていますが、実際にバトルに参加するのは前列の「Starting Member(スターティングメンバ―)」の3人とサポートの計4人で、後列に表示されているバックアップメンバーはスタメンの誰かが戦闘不能になった際に入れ替わるスーパーサブ的な位置づけになります。

それぞれのキャラの左側に表示されている生物を「ジャマー」と呼び、本来は敵なのですが仲間になったジャマーのみここに装備することが出来ます。

これを「マイジャマー」と呼び、それぞれのキャラコスプレに装備することでキャラを強化してくれる大切な仲間です。

画面を切り替えると少し分かりやすくなると思いますが、編成でコスプレを設定することで編成するメンバーが決まり、コスプレに「デタリキ・サブコスプレ2着・マイジャマー」を装備することが出来ます。

 

デタリキのバトルシステム

先ほどもご紹介したように、デタリキはオートプレイが可能になっており、バトル中は基本的にオートでプレイすることになります。

ある程度敵が強くなるまではほぼオートで問題は無いと思いますが、簡単にどのようなシステムなのかという事について触れておきたいと思います。

まずそれぞれのキャラは固有のスキルを所持しており、ターンごとに通常攻撃やスキルが使えるようになっています

またジャマーを装備している場合、SPゲージが溜まるとジャマー固有の「ジャマースキル」を発動することも可能です。

コスプレも重要ですが、地味にマイジャマーも重要になってくるという事ですね。

 

デタリキのゲーム評価

エロアプリ(エロゲーム)としてではなく、純粋にゲームとしてデタリキを見た時3DCGのゲームという事以外で新鮮さを感じるようなシステムはほとんどありません。

しいて言えば、各キャラの固有スキル以外にもジャマースキルがあるというのは珍しいと思いますが、ゲームの基本的なシステムはよくあるオートバトルなので、そこがちょっと物足りなさを感じる原因なのかもしれません。

3DCGで言えば、同じく2019年にDMM GAMESでリリースされたマジカミの方がはるかにクオリティが高いので、ハニーブレイドの頃と比べるとかなり綺麗になりましたが、マジカミが先にリリースされてしまったせいで残念ながら3Dに関する感動は皆無。タイミングが悪かったですよね。

▲マジカミのバトルシーン。静止画だと分かりませんが3DCGなのに綺麗に曲線が描かれており動きもかなり滑らかです。

エロゲは3DCGゲームが少ないという事もあり、どうしてもこの2タイトルを比較することになってしまいますが、エッチシーンの仕上がりも含め、やはりマジカミには敵わないのかなというのが私の感想です。

 

デタリキのエッチシーン

デタリキのエッチシーンを見る場合は、ホーム画面の「メンバー」からエッチシーンが見たいキャラを選び、画面右上に表示されている「親愛度」のタブを開きます。

親愛度を開くと親愛度ミッションの一覧が並んでおり、そこに書かれている条件を満たすことで徐々に親愛度が上がるという仕組みになっています。

これまでのエロゲームであれば、プレゼントを送って親愛度を上げるというものがほとんどだったので、この点については新しい試みですよね。プレゼント一辺倒よりも個人的にはこういったシステムの方が好きだなぁ。

 

親愛度を上げてHありのシナリオを解放しよう

条件を満たし親愛度を上げていくと、親愛度の隣のタブ「エピソード」で新たなシナリオが解放されるようになっています。

シナリオの中には「健全」と書かれたものと「Hあり」と書かれた2つのシナリオがあり、Hありのシナリオが解放されればお待ちかねのエッチなシナリオを見れるようになります。

これは桜月千影ちゃんの最初のHシーン。事前登録で一番のお気に入りだったキャラだったので、真っ先に千影ちゃんのHシーンを解放!可愛いですよね。

Hシーンについては予想通りちょっと微妙でしたが、解放の仕方がこれまでにないシステムになっており、解放難易度もそこまで高くない事から評価は☆4を付けています。

 

デタリキの感想とおすすめポイント

エロゲームでは希少な3DCGゲームのデタリキZXですが、約半年前に『マジカミDX』がリリースされていたせいで初プレイの感想はインパクトに欠ける結果となってしまいました。

ただし、今回はご紹介しませんでしたがVRモードがあったり、様々なバトルコンテンツがあるなど、ハニーブレイドを進化させたゲームシステムは決して悪くないと思っています。

あくまでDMM GAMES内のランキングですが、リリース後2ヶ月で初の1位を獲得するなど、順調な売り上げ推移を見せているので、今後も人気が継続しそうな予感はありますよね。

ただ私の好みではないので、今後デタリキをプレイ続行する可能性は限りなくゼロに近いと思いますが、キャラも可愛くなっていますし、既存のブラウザエロゲームに飽きたという方は一度プレイしてみる価値は十分にあると思います。

 

 

コメント