伊頭家シリーズ最新作【卑作】事前登録情報とゲームシステム評価

まさかあの問題作が無料エロゲームとして復活!その名も【卑作(ひさく)】!

「同級生」シリーズなどアダルトゲーム界をけん引してきたエルフの人気タイトル「伊頭家シリーズ」がDMMに新作エロゲームとして登場。

DMMのエロゲとしては異色の作風であり、どれだけ支持を得られるのか非常に気になるところですが、個人的には非常に楽しみなタイトルの1つ。

他の無料エロゲームとは一線を画す特殊なエロゲームなので、マニアックなエロゲファンであれば絶対にハマるはずですw

 

ゲーム性評価:★★☆☆☆
Nuki評価:★★☆☆☆
料金:無料
ジャンル:カードバトル
対応端末:PC / スマートフォン(iPhone/Android)
配信元:DMM.com
↓PC・スマホからご覧の方はコチラ↓
【卑作】
↓伊頭家初代「遺作」↓
DMM.R18
最新の人気エロゲームを確認
↓月間人気エロアプリランキング↓

 

伊頭家シリーズについて

間違いなくほとんどの人が「何これ?」という感想を持ったであろう、今回の新作エロゲーム【卑作(ひさく)】。

初めて卑作の事前登録情報を見た時、「どこかで見たことあるなぁ」程度だったんですが、卑作の公式HPを見てハッキリと思い出せました。何と卑作はあの「伊頭家シリーズ」の最新作とのこと!

この伊頭家シリーズは「同級生」などを手掛けた老舗アダルトゲーム会社「elf(エルフ)」の人気シリーズの1つで、エロゲームの既成概念を覆した作品と言っても過言ではありません。

ほとんどのエロゲームでは男性が主人公となり、可愛い女の子との恋愛模様を描いたり、ハーレムを形成したりと、男性視点に立ったゲームだったのですが、この伊頭家シリーズは一見主人公にも見えるきもいおやぢから逃げるという、いわば一種のホラーゲームのようなエロゲームなんです。

作品によって若干の違いはあるものの、メインの登場人物である伊頭家のおやぢが敵のような存在というエロゲームとしては稀有な作風。

他のエロゲームにはないスリルとエロスにより、一部エロゲファンから大絶賛されたタイトルなんですよね。

  • 遺作(1995年リリース)
  • 臭作(1998年リリース)
  • 鬼作(2001年リリース)

今風に言うと脱出ゲームの一種で、当時人気だったダンジョンRPGの要素を取り入れたエロゲームと言えば分かりやすいかな?

遺作・臭作・鬼作とそれぞれゲーム性が異なるため、今回の【卑作】がどのようなゲーム性になるのか楽しみですが、これはかなり楽しみですね!

 

卑作のゲームシステムと評価

伊頭家シリーズはこれまで18禁アドベンチャーゲームにカテゴライズされるエロゲームでしたが、今回の卑作は有料のアダルトゲームではなく、基本無料でプレイ出来るエロゲームなので、当然これまでの伊頭家シリーズとはゲーム性が異なります。

現在公開されているゲーム画面を見ると、カードゲームになっているようで、伊頭家シリーズの独特な世界観が完全に消え失せている気が・・・。

まぁ無料エロゲームにするのであればカードバトルが一番無難な方法だとは思いますが、もう少し伊頭家シリーズを踏襲したゲーム性にして欲しかったというのが正直な感想かな。

 

伊頭家第4のおやぢ・卑作

卑作はこれまでの伊頭家シリーズ「遺作・臭作・鬼作」に登場した登場人物たちが勢揃いした複合作品になっており、伊頭家シリーズを手掛けた「elf(エルフ)」の最大ヒットシリーズである「同級生シリーズ」の複合タイトル『同級生~Another World~』と同様のコンセプトになっているようです。

全くの新作というわけではなく、全員集合的なヤツということですね。

ただし、今回の卑作には伊頭家の新たなおやぢ「卑作」が登場し、三兄弟と一緒にヒロインたちを追い込んでいくというゲーム性になっているようです。

先ほどのバトル画面からも分かるように、ヒロインが仲間というよりも、これまでのコレクションが手持ちカードとなっているので、コレクションを増やすために伊頭家が獲物を追い詰めていくといった感じなのかな?

どSな男性にピッタリのエロゲームと言えそうですねw

 

卑作のゲーム性には期待できないかも

これはあくまで個人的な感想ですが、卑作のゲーム画面を見る限りゲーム性自体はシンプルなカードバトルになっているようなので、ゲーム性には期待しない方がいいかもしれませんね。

これは恐らくクエスト画面だと思いますが、クエストはタップして進めるだけという、カードゲームではお馴染みのシステム。正直に言うと、こういうエロゲームは何十本もプレイしてきたので、今更感はありますけどねw

ゲーム性というよりも卑作の世界観を楽しめるかどうかが重要な気がします。

あとイラストが最近のエロゲームにはない独特のタッチになっているため、最近のエロゲームしか知らない若者が受け入れることが出来るかという心配もあります。

せめてゲームシステムがダンジョンRPGだったら、逆に新しいと感じる人もいたかもしれませんが、伊頭家の面々同様、若者よりもおやぢ受けするエロゲームになりそうな気がしますねw

 

卑作のエッチシーン評価

卑作は18禁のエロゲームなので、当然エッチシーンがあるのですが、伊頭家シリーズは代々陵辱系のエロゲームだったので、今回もストレートなエッチシーンというよりは、陵辱系のエッチシーンがほとんどだと思われます。

ヒロインたちを追い込んで恥ずかしい事をさせるというのがメインだと思うので、エロいかどうかと聞かれると微妙と答えるしかなさそう。

ただ先ほども書いたように、伊頭家シリーズに関してはエロいかどうかではなく、この世界観を楽しめるかどうかにかかっていると思うので、陵辱願望がある男性であればドハマりする可能性はあると思います。

王道エロゲームというよりは、ニッチなエロゲームになりそうですね。

 

卑作の事前登録情報

卑作の事前登録特設HPから事前登録を行うと、毎日最大10回ひける事前ガチャ画面が表示されます。

ここではこれまでの伊頭家シリーズ3作に出演したヒロインの陵辱シーンを納めたカードになっており、遺作・臭作・鬼作ファンにとっては懐かしい事前ガチャになっています。

事前ガチャで出現するカードはR・SR・SSRの3つのレアリティがあり、当然最高レアリティはSSRとなっています。

あくまで私の体感ですが、SSRの確率は結構低く設定されていると思うので、ひとまずSSRをキープしたいのであれば2~3日通えば出るんじゃないかと。

ちなみに卑作の事前ガチャは、通常であれば1日5回なのですが、Twitterと連動して定型文をツイートすることでガチャ回数が増え、計10回までガチャれます。

あくまで勝手な予想ですが、事前登録期間をそこまで長くないと思うので、さくっとSSRをゲットして正式リリースに備えておきましょう!

 

コメント