【サープリ】サークレット・プリンセスR オープンβの感想とプチ攻略

DMM GAMESで情報が公開されていた期待の新作エロアプリゲーム【CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】のオープンβ情報や、実際にオープンβをプレイした感想や評価を掲載しています。

2017年9月の東京ゲームショウの時点で一部情報は公開されていましたが、2017年末にようやく事前登録が開始となり、いよいよ正式リリースに向けてのカウントダウンが始まったみたいですね。

ゲーム配信に先駆けて、2018年3月号(1月27日発売)より月間電撃マオウでコミカライズ作品の連載がスタートしたり、2019年1月からはアニメ放送が決定しているなど、DMMとしてもこれまでにないくらい力を入れているようで、否が応でも期待感が高まりますよね。

そしてアニメ放送に先駆けて2018年11月14日よりオープンβが開始されています。

ゲーム性やエロイベントなど、現時点で判明している範囲の話にはなりますが、サープリの最新情報をご紹介していきたいと思います。

ゲーム性評価 4.5 エロ評価 4.0
料金:無料
ジャンル:エロRPG / カードバトル
対応端末:PC / スマートフォン(Androidアプリ)
配信元:DMM.com
↓サープリのオープンβはコチラ↓
【CIRCLET PRINCESS R】
最新の人気エロゲームを確認
↓月間人気エロアプリランキング↓

サープリR オープンβプレイ感想

2018年11月14日より【CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】のオープンβが開始されましたね。

アニメの放送(2019年1月~)も迫っているという事もあってか、正式リリースに先駆けてサービスの一部を開放したという感じかもしれませんね。

オープンβを実施する本来の目的はデバック作業がメインであり、他にもプレイヤーの感想を基に修正できる部分があれば修正するためですが、無料エロゲームにおいてはそういった作業はほぼ必要ないと(勝手に)思っているので、やはりアニメ放送に先駆けファンを増やすための一手といったところな気がします。

何はともあれ、全てであはありませんがサープリの一部コンテンツをプレイできるようになっているので、気になっているという方、また12月暇だ!という方は是非プレイしてみてください。

オープンβだけの特典

オープンβに参加するとガチャなどに使用するアイテム「アルクストーン」が15,000個も貰えちゃいます!

私は事前登録をしていたので、そういったもろもろを含めるとオープンβ参加初日にして既にアルクストーンが24,000個も貯まっていました。

更にβサービス開始記念のログインボーナスや、通常のログインボーナスなどもあるので、7日間ログインすれば、最終的には27,000個くらいまでに増えると思います。

この27,000個で出来ることはガチャ10連(アルクストーン3,500個)を7回、クエストなどを進めていけば更にアルクストーンを入手出来ると考えれば8回くらいは回せるかもしれませんね。

サープリβプレイ

どれだけ取り繕っても実際にプレイすればわかることなので正直に書きますが、実際に【CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】をプレイして思ったことは…

ゲーム性がごくごく普通でつまらない。

というものでした。無料エロゲームとしては珍しく画面左右に敵味方が分かれて戦うサイドビューではなく、相対するフロントビュータイプのバトルという事前情報があったので、結構期待していたんですけどね。

事前登録の時に公開されていたバトル画面と見比べると、ちらほら変更された点が見受けられますが、基本的にはバトルは5人で行います。

チーム編成について

アニメ化されるという事もあって、メインのキャラが5人いてここは固定です。(順番のみ入れ替え可能)

このメインで戦う5人の事をキャンディータと言い、各キャンディータに付帯している3人のキャラをサポーターと言います。

チーム編成画面では4人のサポーターがいるようにも見えますが、各キャンディータの一番上にセットされているのはサポーターではなく「スタイル」と呼ばれる枠で、ここに赤属性のスタイルキャラをセットした場合、サポーターを全員赤属性にすると属性ブーストがかかり、ステータスにボーナスが付きます。

その為、上のように各キャンディータによって属性が固定されている感じです。もちろん属性の入れ替えは可能ですが、基本的にはこんな感じのバランスになると考えた方が良いでしょうね。

バトルはほぼオート

サープリRのバトルはほぼオートバトルです。といってもほとんどの無料エロアプリゲームはそうなんですけどね。

スキルオートに設定しておけばプレイヤーのやることはほとんどなくなります。

唯一オートにできないのが「アビリティ」と呼ばれる強力な必殺技で、画面右下にある5個のゲージがアビリティを使用するためにためるアビリティゲージです。

このアビリティゲージは攻撃するとたまっていき、「1」まで貯まればチーム編成で一番左にセットしているキャンディータのアビリティを使用することができ、「2」まで貯まると左から2人の2チェインアビリティが発動します。

「5」まで貯まれば全員で攻撃するMAXチェイン発動!といった感じです。

このアビリティ発動のみ手動となっていますので、オートプレイでも敵が強力な場合はアビリティゲージにのみ気を配るようにしましょう

とりあえずの感想

まだ【CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】のオープンβは始まったばかりですし、私もそこまでプレイ出来ているわけではありませんが、そこまで熱中できるようなゲーム性ではなかいかなと思います。

ただし、エロゲームとしてはそこそこ優秀で、エッチシーンを見るための条件はそこまで厳しいものではありませんでした。

エッチシーンの開放に進化や限界突破は必要なく、シンプルに贈り物をして好感度を上げるだけです。好感度を100%まで上げれば、「VR-H」というエロイベントが楽しめます!

VR-Hは漫画のような仕様になっていて、画面下にログウィンドウが出るのではなく、会話が進むにつれ画面上に吹き出しが増えていくスタイル。

アニメーションはついていないため静止画なんですが、その代わりに文字(主に擬音)が動いてくれます。

最近のエロゲームはアニメーション付きが多いため、その点ではちょっと見劣りしますが、エッチシーンの開放が簡単という点においてはかなり優秀ですね

まだまだプレイ始めたばかりで分かっていないことも多く、特に育成においては「強化・進化・限界突破・スキル・スキル強化・アビリティ・変換」といった様々な機能があるため、全てをうまくやっていくにはもう少し理解を深める必要がありそう。

決してクソゲーというわけではないので、アニメ放送の前に少し触っておくのもいいかもしれませんね。

サープリの紹介

ストーリー

「がんばらなきゃ……ですねっ」

今よりそう遠くない未来。
ネットワーク上の仮想空間およびMR技術の発達した世界で生まれたスポーツ「サークレット・バウト(CB)」
CBは学園スポーツとして地域に莫大な富をもたらすスポーツへと急成長していった。
CBの勝敗が学園、そして地域の繁栄に大きく影響をするなか、どの学園が地域に繁栄をもたらすのか。
いくつもの学園が淘汰されていく中、とある都市で1つの学園が存亡の危機に瀕していた……
あなたには危機に瀕している学園、聖ユニオン学園のCB部のコーチとなって学園の危機を救ってほしい。

「わたしがやりますっ」

選手(キャンディータ)がサポーターカードを駆使して戦うスキルマネジメントバトル!
キャンディータとサポーターカードの相性で能力は大きく変化する!
バトルではスキルゲージを貯めて、チャンスを見極めスキルコンボで一気に勝利をつかめ!!

CIRCLET PRINCESS R(サープリR)のシナリオはシナリオライターとして、またキャラやロゴなどのイラストレーターとしても人気の木緒なち先生が担当しており、冒頭でもご紹介したようにコミカライズを予定しているくらいなので、かなり作りこまれたものになっていそうですね。

リリース&最新情報

リリース時期についての発表はありませんので、ここからはあくまで予測になりますが、現在DMM GAMESにおいて大注目となっている『UNITIA X』の事前登録が実施されており、リリースは春頃なんじゃないかなぁと思っているので、恐らくそこにサークレット・プリンセスを被せてくるような事はないんじゃないかなと思います。

また、ゲーム配信先駆けてサークレット・プリンセスをコミカライズした漫画が、1月27日発売予定の3月号・月間電撃マオウで連載がスタートするので、ユニティアより先になるという感じもなさそう。

となると、春の次に新規登録者が増えやすいGWか夏休み前という事になるんですが、無難なところだとやっぱり夏頃になるイメージなのかな?まぁあくまでこれは私の希望込の予想ですけどね(笑)

とはいえ、現在DMM GAMESの中でも絶大な人気を誇っている『神姫プロジェクト』がリリースされた2016年春は、プレイする側の私からしてもちょっと引くくらい同時期に新作エロゲームがリリースされたので、同じように今回もリリース時期が被る可能性も捨てきれないんですよね。

神姫プロジェクトと同時期にリリースされた新作はことごとく過疎っていたので、同じ過ちは繰り返さないでほしいんですけど・・・

公式HPを見ていると、その最悪パターンになる可能性が非常に高くて、木緒ちな先生の書き下ろし事前登録シナリオが読めるみたいですが、最終話である5話の公開が2月28日になっているんです。

これを正式リリースのカウントダウンと考えると、3月入ってすぐぐらいという事なのか?

事前登録もそれほど大規模ではないし、3月中という線が濃厚なのかもしれないです

ユニティアと被る事だけは避けてほしいなぁ。

【追加情報】
CIRCLET PRINCESS R(サープリR)に関する新たな情報が公開されました。
それは何と2019年第一期(1月~3月)にアニメとしてテレビ放映されるという事のようです。
これで無名の無料エロゲームを東京ゲームショウでお披露目していたことにも合点がいきましたね。
TVアニメ『CIRCLET PRINCESS(サークレット・プリンセス)』公式サイト
DMM GAMESが贈るスポ根美少女バトルRPG『CIRCLET PRINCESS(サークレット・プリンセス)』のTVアニメ、2019年1月放送スタート!

ゲームシステム

CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】はとにかく制作陣が超豪華で、ユニティアXと肩を並べ、間違いなく2018年の目玉となるエロゲームになる事だと思います。

世界観・シナリオ 木緒なち・&KOMEGAMES
メインキャラデザイン saitom
ライバルキャラデザイン かにビーム / 珈琲貴族 / 誤マサヒロ
みぶなつき / りいちゅ / and more….
サポートカードデザイン 竹花ノート / Byte / 大嘘 / ウンツエ
ななかぐら / and more…..
音楽 Elements Garden
主題歌 橋本みゆき

現時点で公開されている情報だけでもかなり豪華!

メインキャラデザのsaitomさんのイラスト結構好きなんですよね。今回のキャラで言えばメインの佐々木優佳なんかは抜群にイイ!

saitomさんはswitchで発売されたゼノブレイド2のキャラデザや、あまり人気は出ていないけどソーシャルゲームアプリの天華百剣のキャラデザ制作などにも携わっており、やはり安定感は抜群ですね。

書き出すとキリが無いので割愛していますが、事前登録ガチャで排出されるキャラにおいても多くのイラストレーターさんが参加しており、イラストだけでも十分に楽しめそう!

サークレット・プリンセスの公式Twitterでは上のようなイラストカードが公開されているので、これを見ているだけでもかなり楽しいですよ!

肝心のゲーム性はというと・・・実はよく分からない。公式では「仮想(バーチャル)で戦い現実(リアル)で勝ち取れ」とあるんですが、何のことやらw

唯一公開されているバトルシーンのショットがこれなんですけど、最近のDMM無料エロゲでは左右に分かれて対面するバトルが多かったんですが、サープリではRPGの原点に返った対面形式のバトルになっています。

てことは、必然的にコマンドバトルになるのかな?

何にせよ、何やら新しい風が吹き込まれそうですね。

リリースについては、あくまで予想の範囲ですが3月中っぽい感じがしてきているので、それまでに追加情報の公開があれば追記したいと思います。

Nuki評価

エッチシーンに関してもまだ未知数ですが、公開されているスクリーンショットを見てみると、コミカライズを上手く利用した感じになっているっぽいですね。

漫画連載用に書いた感じに見えなくもないですが、もしかするとこれがそのままご褒美シーンとしてゲーム内で見れるのかも

となると、果たしてこれが動くのか?という疑問が残るわけですが、まぁこれが動くのは難しいでしょうね。

でもこれにアニメーション付けれたらマジで神エロゲーと呼んでいいかもね!

事前登録情報

CIRCLET PRINCESS R(サークレット・プリンセス)】に事前登録すると、事前登録ガチャが回せるようになります。

ガチャは1日最大10回までで、通常は5回まで、ツイッターと連動させてツイートする事で追加5回ガチャれるようになります。

現時点で排出される最高レアリティはまろん☆まろん先生の田淵莉音ちゃん!

これが出てくれれば事前登録ガチャのお役御免となるんですけど、これは結構通わないと厳しそう。

ちなみに初日の10回で出た最高レアは☆5の2人!

どっちにするかめちゃくそ悩んだんですが、最終的にあしもと☆よいか先生の栗原栞菜ちゃんにしました。知ってはいましたが、どうやら私は赤髪の可愛い子に弱いらしいw

とりあえず☆5はキープできたんで、狙うは☆6の莉音ちゃんのみですね!

↓サープリのオープンβはコチラ↓
【CIRCLET PRINCESS R】
最新の人気エロゲームを確認
↓月間人気エロアプリランキング↓

コメント